受付から支払い終わりまで~iPhone修理の流れ~

受付から修理に出すまでの流れ

電源が入らなくなったり、ガラスが割れてしまうなどiPhoneを使っていると様々なトラブルが出てきます。買い換えるはもったいないと言う時には、修理に出すことがオススメです。修理に出すときの流れとしては、まずiPhoneを修理してくれるApple Storeに直接行くか、または郵送の修理依頼をします。携帯電話キャリアでは修理ができないため注意します。郵送する時間もないと言う場合には、非公式業者で依頼すると言う方法もあります。 ただし、業者に依頼して開封してしまうと今後Appleサポートの対象外になることを理解してから利用します。修理店の流れとしては、予約をした後に直接店舗に行き、動作確認をしてから、見積もりや作業時間を教えてもらいます。その後、修理作業に入ります。

修理後の受け渡しと支払いの流れ

修理内容は、一般的に分解作業による修理またはパソコンを使ってソフトウェアトラブルを修理することを行います。分解修理の場合、基盤本体には触れずに修理を行うため基本的にはデータはそのまま残りますが、バックアップを取っておくと安心です。修理完了後は、動作確認を行います。フロントガラス交換を行ったらタッチが反応するか、通話に問題があるなら実際に電話をかけてみるなどを行います。 動作に問題がなければ代金を支払って完了です。支払いは一般的に現金払いかクレジットカード払いになります。郵送修理の場合には代引き支払いという方法もあります。修理が完了する時間は大体1~2時間程度が多いとされています。ただし、診断によっては1週間前後の時間がかかるケースもあるため注意が必要です。

iphone修理を中野の業者に申し込む場合には、料金システムを把握することが大事です。画面割れや水没修理など、iphoneの状態によって料金が変動します。